WAKADAISHOW(vol.79)INTERVIEW

若大将
若大将

■まず始めにご出演ありがとうございます。と同時に最前線ヒップホップ休刊ということになってしまい誠に申し訳ございません。そして、このインタビューはホームページ上と今後のgbのカタログなどで掲載予定ですが、何か一つの時代の終わり、流れを感じますがいかがでしょうか??

 

若大将(男児:以下男児): やはり時代の流れはあると思います。最前線ヒップホップが休刊は本当に残念です。復活するのを楽しみにしています!また言師さんが仕掛けるのを楽しみにしています!

 

若大将(大:以下大): 正直、寂しいです。日本にはどんなアーティストがいるかどんなイベントがあるのかヒップホップ最前線で情報を得る事もあったので休刊というのは寂しく思います。また今の時代紙媒体が減ってきてるという事もあり、これも社会の流れなのかな・・・って感じです。

 

■ありがとうございます。それでは若大将お二人の現状、音楽活動など簡単に教えてください!

 

男児: 現在、LIVEは都内を中心に行なっており、また各都市でもたまにLIVEをさせていただいております。曲制作の方はDJ ARTSさんと共に固定観念を持たず、常に挑戦しながら行なってます!

 

■お二人は全くタイプの違う性格、RAPスタイルですが、曲作りなどの話合いはどのようにされていますか??

 

大: DJ ARTSさんと3人で自分達のスタイル、自分達の今伝えたいことを曲としてどう作り上げていくか、そしてどうすれば伝わりやすいかをシンプルな答えが出るまで話合っています。

 

■ライブではエンターテイメントに重点を置いて楽曲以外でもMCにこだわりがあるようですが、 どういったことに気を使ったり、
考えたりしていますか??

 

男児: 自分自身の考えを押し付けないように、でも、せっかくマイクを持たせてもらっちょんで、自分の言葉は伝えられるように!この微妙なところでいつも考えさせられて反省しています!ただ言いたい事ははっきり言うようにしています!

 

■プロデューサーには同じCREW(CHAMBERAND)の、DJ ARTS! エンジニアまで担当しているということですが、若大将にとってどのような存在ですか??
男児: 先生であり、兄であり、父の様な存在です!

 

大:DJ ARTSさんとは長い間音楽を一緒にやらせていただいて、もう家族のような存在ですね。ずっとお世話になりっぱなしなので早く恩返しが出来るようにしたいです。

 

■そろそろリリースされるという噂をお聞きしましたが?? 今後のご予定や展望などありましたら差し支えのない範囲でお願いします!

 

大: はい!来年出します。リリースのために現在曲を書き溜めています。

 

■若大将のお二人にとっての音楽とは・・・

 

男児: 夢です。

 

大: 挑戦です。自分自身誰かにやらされて音楽をやっている訳ではないので音楽を楽しむのをモットーにしています。大という人間を歌でどのように表現するかどうしたら伝えられるか考えながら日々挑戦しています。

 

■今回はgb(gonc brand)とのコラボインタビューということで、 お二人にはgb,no003/ninja maffia(大)とno,009/ghost creator(男児)を着て頂いてますが、 着てみて感想をお願いします!

 

男児: すごく生地もしっかりしていて、デザインもシンプルで、色々なシーンで使えそうな感じがします!

 

大: すごく肌さわりもよく着心地がいいです!!シンプルなデザインなのでいろいろな場面で活躍出来そうです。

 

■最後にこれを読んでくれた人たちへメッセージをお願いします!

 

男児: まだまだな僕達ですが、これからも雑草ならではの意地見せていきたいので応援までお願いします。

 

大: これを見て若大将を知ってくれた方々、是非一度ライブに遊びにきてください。