栽培地(タイ・コラート)

http://www.goncbrand.com/miracle-fruit/place/

【栽培記録】

3/24

約半年ぶりの更新です。特にこれといった大きな変化はありません。こちら側としてもタイ側としても退屈の時期に差し掛かっててきた結果が更新の遅れにつながったのではないでしょうか。次回コラートに行く際には日本の夏野菜の種を持って行って日本の野菜を育

ててもらい楽しんで貰おうと思います。きっとそっちの方が直ぐに育ち収穫でき生活になじむと思うので良いのではないでしょうか?!探り探りの4年目はそういう展開になると思いますのでまた一つ楽しみが増えそうです。その為にも千葉での家庭菜園は今後も良い勉強になりますので精進したいと思います。

10/9

やっと3周年を迎える事ができました。これも現地で管理してくれているゴッチャゴンファミリー、そして連絡のやり取りなどスムーズに行ってくれる敏腕マネージャーケイちゃん。日本国内でも私を支えてくれている家族や仲間、そして福岡の中尾社長。この場を借りまして誠にありがとうございます。タイの人たちにもお礼を伝えたいのですが、まだタイ文字で文章をあまり作れませんのでこれを期に頑張ってお礼文を作ってみようと思います。

写真は種からの子供、2m程の大人の木、1m程の青年の木ですが、

目立った変化はありませんが、種からの子供達は大分死んでしまったようです。

やはり種からは時間もかかりますし一番難しいですね。

それと、ここで飼っていたうさぎの姫歌が昨晩死んでしまいました。

どうやら柵を変える際に外に出ていたところを番犬に襲われてしまい

その時は外傷はなかったのですが一日経って死亡してしまったので

やはり内蔵に大きな怪我を負っていたのでしょうね。

とても残念でならないですが、仕方がありません。

写真は子供の頃の姫歌とお墓と死ぬちょっと前の写真です。

R,I,P HIMEKA

【試験栽培開始から三周年】10/2014 3rd anniversary

8/14

写真左、大きい木は良くなってきているような変わらないような

あまりよくわかりませんが

この時期もコラートは暑く雨が少なかったようで

天候には恵まれませんでしたが

写真右の子達は相変わらずベスポジで健康に育っているようですが

実はつけておりませんw

成長する事に専念してしまっているのでしょうか?!

どちらかというと実をつけて頂きたいのですが・・・w

毎度発展性の遅いミラクルフルーツですが

次回こちらに行った時は

並行して違う作物を植えようかなと思っておりますが

何がよろしいでしょうか?

やはり日本の作物の種を植えるのがいいですよね?

7/3

ご無沙汰しておりました。

3ヶ月ぶりの更新であります。

大きい木のミラクルフルーツは

大分元気になってきました!(写真下)

よかったです〜:)

そして何よりも、犬が5匹も生まれました!

しかし、もう二匹はあげてしまい現在は3匹です。

一番左の子はPANDAという名前をつけたみたいです。

早くこの子達と会いたいですが

あっとゆう間に大きくなってしまうんでしょうねw

以前一番かわいがってたコリヤンは自動車にひかれて

死んでしまいました。

ここではミラクルフルーツ以外に

人、犬と色々な出来事が訪れます。

最初はそんな事、想像もできずにただただ

ミラクルフルーツの事だけしか考えられずにいました。

しかし今ようやく1つ上のステージに上がった様な

そんな感じがしますw

もうすぐ3年になるからなのでしょうか・・・

まぁ結果のようなものは何も出せていませんがw

これからも精進していきたいと思います:)

4/9

タイでは一年を通して気温が一番暑くなる時期がやってまいりました。

そしてコラートは内陸ですのでタイの中でも気温が高いです。

その為、大きい木のミラクルくんは、

さらに枯れがひどいことになってしまいました。*写真

しかしまだ緑の葉が微妙にあるので完全に死んではいないようです。

ただミラクルくんは一度具合が悪くなると

復活するまでに時間がかかるようなので期待はもてません。

一体何が気にくわないのか・・・頭が痛いです。

その他のミラクルくん達は至って健全ですので

原因が必ずあるはずなんですが謎です。

3/6

最新画像が入ってきました。

大きい木は枯れ葉は目立たなくなったものの

今度は葉が黒くなってきてしまいました。

これはどうやら近くにあるマンゴーの木が

樹液を出す時期らしく

その樹液を吸った雨が降り注いでこのような

状態になってしまったようです。

マンゴーの木の葉も同じ状態のようです。

しかし、小さい木のゆめ畑の方は至って問題ないようです。

よかったです:)

そして、来月からは通常でいけばタイは一番気温が暑くなるので

ちょっと心配なところがありますが

心配してもしょうがないので

気楽にいきたいと思いますw

そして今回の樹液対策としては

囲いなど色々対策はありますが

タイのやり方でお任せしてありますので

きっと大丈夫だと信じたいと思いますw

改めて現地で色々動いてくれる方々に感謝であります!

2/9

やはり寒波の影響で大分枯れてきてしまっています。

先月の写真よりも葉の枚数も減ってきているように思います。

急激に気温が下がればしょうがありません。

 

【バンコク時事】熱帯の国タイが異例の寒波に見舞われている。北部や東北部で最低気温が10度以下となったほか、保健省が23日明らかにしたところによると、過去約3カ月で寒波の影響による死者は計63人に達した。(2014/01/23-21:31)

 

 

しかし興味深いことは、大きい木には影響でたものの、

小さい木には何一つ影響がなかったという事ですね。

何故なんでしょうか?

現在は気温も戻りいつものタイに戻ったようなので

今後緑の葉がつくことを願うばかりです。

1/4

明けましておめでとうございます。 大変めでたいさなか、タイでは今までにないほどの気温が下がり ミラクルフルーツやタイ人にとってはとても健康に良くない状況であります。 その為か、葉っぱの色が黄色になり枯れはじめてしまっているようです。 早く気温が上がることを祈るばかりですが 世界中どこでも異常気象が起きている現在では そういう事を頭に入れた上で動かなければならないですね。そして現在二代目赤ちゃんの数が130に増えた模様です。 今後もどんどん増えていく事を考えれば棚などを作って スペースの有効活用をしていかないといずれスペースがなくなってしまいそうです。 今年も始まって早々から悩みが絶えませんが 本年も宜しくお願い致します。

11/26 

写真左、大きい木の方はどんどん実をつけておりますが

同時にアブラムシまで寄ってきてしまいましたので

薬を使わずにアブラムシ駆除のやり方を伝授しときました。

牛乳駆除です。それと温州みかんの皮をちぎって撒いとくと害虫が

寄ってこないといいますがタイに温州みかんってないような気がするw

そして、新しい芽が出ている写真はこの大きい木から取れた実を

再度植えた2代目くん達です!発芽のスピードが早いのでこの種は

今後成長のスピードが期待できそうです。

 

11/10

 

先週画像が送られてきました!

どちらの写真も大きい木の写真です。

収穫は全部で13粒できたようですが、

まだまだこれから収穫できそうな実が

いっぱい写真に映っていますね:)

やはりこのサイズの木がいっぱいあると

収穫、そしてその後の作業まで

色々考えなくてはならないので大変そうですね。

今の苗が小さい、そして少ないうちから、

準備しとかなくては・・・ですw

10/21

 

日本に帰国して三週間が経ちます。

この前に新しく植えた大人のミラクルの木からまた新たに収穫です。

やはり大人のミラクル君は簡単に収穫ができて楽で良いですね:)

今後もどんどん収穫できると思いますがなんかやりがいがないw

早く子供たちからも収穫できると良いのですが・・・

 

そして右側の写真は、

いつもコラートに行った時に泊まるホテルの前には

大きい湖があるのですがそこが台風の影響で溢れかえって

しまっている写真です。

タイは洪水がとても多い地域なのですが、

何故か運良く畑はいまのところ大丈夫です:)

今後も水害の被害に遭わないように祈るばかりです。

 

 

【試験栽培開始から二周年】10/2013 2ND anniversary

9/17 (訪タイ中⑮)

 

いつも水やりをしてくれてるアム。

今は軍隊の学校に行き始めたようで

彼や、彼の妹、アイの成長も楽しみだ!

とりあえずgoncbrandあげたらこの写真が送られてきたw

 スタッフ紹介はこちらhttp://www.goncbrand.com/miracle-fruit/staff/

 

そして本日バンコクに戻りました。

 

9/17 (訪タイ中⑭)

 

今回収穫した実と収穫できそうな実。

小さなつぶつぶも今後赤い実になると良いのですが・・・

祈るばかりです。

 

9/17 (訪タイ中⑬)

 

購入した大きいサイズは高さ169センチ、

横143センチのかなりの大きさで

とても見栄えが綺麗。

この大きさなら実を収穫できる量は相当。

全部が全部このサイズになったら凄いけど、

やっぱり私は子供から大人になる成長過程が楽しみだ!

早くこのお母さんからいっぱい収穫し

種を植えて目をだしそして大人へと。

写真はこの大きいお母さんの木と、

これまで2年ぐらい育てた苗木の2ショット!

9/17 (訪タイ中⑫)

 

コラート滞在3日目。

朝から新しく苗木を植える為に車を1時間走らせ買いだし。

現在ミラクルフルーツは値段が上がるは、市場になくなるはで、

ちょっと厄介。テレビでも特集されたみたいだし、、、

 

前日から予定通りにはいかず、

この日も行ったところはちょっとの差で売れてしまった。

この国ではあまり予約のようなシステムはなく早い者勝ちw

まぁ私のつめが甘いということだろう・・・

しかし、結局色々探した結果4本の1mサイズと1本の大人のサイズをGET

サービスで余っていた苗木を1本w

そして帰りに肥料を買った店でも小さな苗木を購入できると

教えてもらったので、

よしよしw

小さいサイズの5本は大きい敷地に植えて、

大きいのは手前の狭い敷地に植えました。

そっちの方が直射日光が多少多いので。

うまくこの環境に根付いてくれると良いのですが。。。

 

9/16 (訪タイ中⑪)

 

タイ人にも日本人にも分かりやすい名前ということで

ここの名前を「ゆめ」にしてみましたw

 

9/16 (訪タイ中⑩)

 

近くに生えている竹を切って柵づくり。

9/16 (訪タイ中⑨)

 

明日の新しい苗木植えの為に先に穴だけ時間短縮のために掘ります。

以前は雨も降らずとても暑い時期だったので、

地盤も固くとても掘りにくかったのですが、

現在はほぼ毎日雨のため、ぬかるんでいるのでとても掘りやすいです。

写真一番左の道具で穴は掘ります。

9/16 (訪タイ中⑧)

 

前回来た10ヶ月前にはひよこだった子達も

こんなに大きくなっていました。

ただまだ鳴き声はひよこのときのまま可愛い鳴き声でした。

バナナの木やヤシの木もミラクル君と共に

変わらず元気でした。

9/16 (訪タイ中⑦)

 

今回色々な点に気がつきましたが、

中でもこの幹の成長には驚かせれました。

最初は苗木で直ぐに折れそうな枝でしたが、

今は木になりかけていると言いましょうか

とてもしっかりとしています。

9/16 (訪タイ中⑥)

 

子供たちの子供達(2代目/孫)です。

以前送られてくる写真を見ていたら全然成長しないな

と思っていましたが、

今回は私の手と比較した写真を撮ってみました。

意外と大きいんだなとちょっと安心しましたが、

もっと早く大きくなる方法はないものなのでしょうか・・・

9/16 (訪タイ中⑤)

 

葉を落としてそれからまだ新しい葉がでていないのが2本あります。

奇跡が起きることを信じています:)

 

9/16 (訪タイ中④)

 

下の写真は、別の場所で、日光の当て過ぎが原因で、

一度葉を落としてしまった苗木が、再度新しい葉を出した写真です。

もうダメかなと思いましたが、可能性を信じ、

そのままにしといてよかったです:)

もう今のこの環境に根付いたはずです。

 

9/16(訪タイ中③)

 

ミラクルフルーツを植えている真上の写真です。

このように大きい木々の葉で日差しよけができていて、

この暑いコラートの日差しを直接受けないようになっています。

しかし、右の写真では一日のうちの少しの間、

直接日光を浴びる時間があります。

その為、直射日光を全く浴びないミラクルフルーツよりかは

成長具合が良いです。

9/16 (訪タイ中②)

 

前回一番背の高いのは110センチから今回126センチ。

横幅は45センチから今回92センチと大幅に成長しました。

2013/9/15 (訪タイ中①)

今年はじめての訪タイ・コラートです。

福岡の中尾氏とバンコクで合流し、いつもの滞在先に宿泊中です。

ミラクル君は現地から送ってくる写真通りではありますが、

やはり写真で見るより現物を生で見れるということは感激であります:)

色、つやが良く、葉の枚数も大分増え一回りもふた回りも大きくなった

ように思います。

7/24

約2ヶ月ぶりに画像が送られてきました。

多少葉の数が多くなったように思えますが

どうなんでしょうか?

初めて実が出きてその実から種を植えて、

そして目が出て、

約一年が経ちましたが

成長は全くと言っていい程していません。

悩ましい限りですw

かなり成長が遅くて大変ということは

重々承知しておりましたが、

実際今本当にその遅さを感じ

心構えを変えなくてはと思っております。

とてもナイーブで手のかかるこの子は・・・

挫折一歩手前w

まぁそんなことはないですけどね:)

やはり生き物ですから

なんとしても大きくなるのを

今後も観察していきます!

何か、誰か、良いアドバイスがあればくださいw

5/10

画像が送られてきました。

特に変わりはありませんw

地道な地味な作業です:)

早く向こうにいって苗木を植えたいものです。

本来なら60過ぎての定年後のプロジェクトなので

今からやっとけば60過ぎた頃にはといった

心に余裕はあり焦らずいくべきなのでしょうが

気持ちだけが高まり今すぐ永住したい気分です:)

 

タイでは日本以上にミラクルフルーツの認知度は低いですので

問題はないと思いますが、

いつ何時流行、みんなが栽培し始めるかが気になります。

その時に私たちが今育てる子供達を売れる状態なら良いのですが・・・

それと気候の変動が一番心配ですね。

年々世界の気温が地域地域で様々に変わっていますので

その状況の変化が良い方向にいけばいいですが・・・

まぁその他にも不安要素はありますが

今から考えて対処していけば問題ないと

どっしり構えていきタイ:)

4/15

昨日旧正月に画像が送られてきました。

2ヶ月ぶりの更新になりますが、

特に変わりはありません。

変わった事と言えば、現地の方が気を利かして頂き、

ミラクルフルーツに良いと言われている肥料に変えて頂いた事でしょうか。

ありがとうございます。

現地ではこれから一番気温が高くなるので昨年のように枯れてしまわないか

心配ですが多分場所を変えてあるので大丈夫だと信じたいです。

一年を通して2回収穫できるはずですが芳しくはありません。

やはりまだ土地に根付いていないのでしょうか。。。

多分次期だと思うのですが・・・

深く考えずにマイペンライ精神でいきたいと思いますw

ベイビー達も芽は出すものの成長が相変わらず遅いです。

まぁ逆に早いとこっちがせかされてしまいますので

今は遅い方が都合良いですw

ではでは、また来月か再来月にはアップしますので、

ご興味のある方は覗いてやってください:)

宜しくお願いします!!

ちなみに今年は夏頃に行こうという話でまとまっています:)

2/8

只今現地の朝の状況が送られてきました。

定期連絡です。

これと言って特に大きな変わりがありませんが、

実ができているものは少ないです。

枯れてしまっているのも2本あるようです。

その他は特に変わりはありません。

 

現在この試験的な栽培で色々な事を学び、

データを取っている状態ではありますが、

何より、現地で管理してくれてるスタッフへの感謝、そして

リアルタイムで情報のやりとりができるインターネット社会のありがたみに

幸せを感じると共に、

その無限の可能性を信じ細かくアイデアを投じ少しずつ前進して行きたいと

思います。

今後ともご興味のある方は不定期ではありますが、

この日記をチェックしてみてください:)

宜しくお願い致します!!

 

 

2013年 1/6

1月3日現地からの連絡です:)

今年初収穫です!

それと以前葉を落としてしまった枝からまた新たに元気な枝葉が生えて

きて今ではここまで大きくなりました!

さい先いい感じです。

子供達はやはり成長がかなり遅いですねw

じっくり待ちましょう。

この写真の実も既に食した後、鉢に植えられています:)

12/31

今年最後の日記です。

昨日30日、現地マネージャーとのやり取りで、

正式に予定していた場所を確保しました。

ですが、次は日差しよけの設置を現在は検討中です。

農業用の日差しよけネットをはるか、

つる植物のパッションフルーツやゴーヤを栽培し

日差しよけにするかです。

私としてはつる科の植物をそこでも栽培し一石二鳥で行こうと思います。

しかし、実際は育ててみないとなんとも言えません。

ですので次の出張までにそこらへんの下調べや準備などして

次回は実行したいと思います。

本来は私がいかなくても作業をして頂ける方々はたくさんおりますが

やはり自分の手でそれぐらいはやりたいですよね:)

パッションフルーツとゴーヤ、日差しネットの写真を掲載しときます。

このような形で日差しよけをつくろうかなと考えております!

その他、タイコラートでの気候等考えた上で何か良い考えがありましたら

アドバイスください。

宜しくお願い致します:)

それでは良いお年を!!

 

 

 

12/16

帰国後の初めての定期連絡です。

写真は新しい実をつけた写真です。

その他はまだ1ヶ月ほどしかった経っていませんので

さほど変わりはありませんが特に問題なく大きくなっています:)

栽培予定地では家が建ったりと前回の出張では話が2点3点してしまい

次の候補地を決めるのに現在検討中です。

次の候補の場所は年中日差しが照っているため、

日差しよけを設置してからじゃないと開墾できません。

日差しよけも人工的に設置するか大きな木を植えるか

どちらにしようか迷います。

まだまだ時間はあるのでゆっくり考えたいと思います:)

10/27

本日は急遽計画が変更せざるおえない状況になってしまいました。

話し合いの末の結果ですのでしょうがありません。

異国の地で栽培の難しさを実感しております。

そして下にある写真は中尾氏と一番背の高いミラクル君と

一番横幅のあるミラクル君。

それと第一期ミラクル君のジュニア達です。

一番背の高いミラクル君は110センチになりました。

横幅の大きのは45センチです:)

子供達は13も芽を出しています。

まだ芽を出していない子供たちもいます。

今後が楽しみです。

とりあえず明日はバンコクに戻ります。

10/26

本年度タイ出張2回目、栽培地のコラートへ本日やって参りました。

新しい苗植えをする為に、新しい土地の開墾です。

下の写真は私の手伝いをしてくれている子供達と番犬君です:)

子供達は誰も何も言ってないのにせっせと手伝いをしてくれました!

とても優しい可愛い子供達なのでお小遣いを200B上げましたw

新しく開墾した土地には60本程植えれるかなと思います。

まだ途中なので明日にまた耕したいと思います。

そして予定ではあと40本全部で100本は植えたいと思っておりますので、

まだまだいっぱい作業がありますが、

とりあえず本日はここまでです。

10/5

1日に画像が送られてきていたのですが、

忙しくてUPできませんで誠に申し訳ありません。

今回の画像は5枚ですが、比較的成長良好な画像です。

もう大分写真もUPしていますので飽きてきた人もいるかとは思いますが、

お付き合いくださいませ:)

そして20日からバンコク、その後現地(コラート)に

福岡の代表中尾氏と共に視察予定です。

第二期苗植え、農地拡大、ドライフルーツ試作等々、

色々な事が山積みですが、

現地の方ともはなしながら焦らずゆっくり前に進めてきたいと思っております。

 

【試験栽培開始から一周年】10/2012 1ST anniversary

9/9

一昨日画像が送られてきました。

画像を見る限りではあまりよくわからないかとは思いますが、

再度新しい実をつけ始めました。

しかし前回収穫した木からではありませんので1回目です。

これに関しては約半年かかったことになります。

また一度枯れてしまったものも予想通り再度新しい葉が生えてきました。

そして、また新しく枯れてしまったものも数本あるようです。

実ができるということは環境が整っている証拠ではあると思うのですが、

枯れてしまうものもあるので、

微妙な環境の違いで影響が表れてしまうナイーブな生き物です。

早くその微妙な変化の答えが見つかる様にしたいと思います。

前回の日記から1ヶ月しかたっていませんので

成長自体は数センチだと思いますが、

今後もその変化を記録に残していきたいと思います:)

 

8/5

昨日現地からの最新画像です。

baby達はさほどの成長はみられませんが、元の苗木は葉の枚数などは増えているように伺えます。それと同時に背丈や横幅も大きくなっているはずです。

ミラクルフルーツは毎月数センチしか成長しませんが、

塵も積もれば2m程の木になる!

その頃には私も30歳後半?!ということで気長に皆様も考えておいてください:)なんせ老後のビジネスプロジェクトですのでw

しかし老後のビジネスを老後に初めてはなんも楽しくない!

何でも今やるから楽しさが数倍なんですね:)

さぁ2回目の収穫はいつになることやら・・・

楽しみです♪

 

 

7/13

一昨日最新画像が届きました。残念な画像とうれしい画像です。以前具合が良くないと言っていたエリアの苗木ですが、場所を変えて様子を見てみましたが、2つの苗木が完全に葉が落ちてしまいました。もしかするともう復活しない恐れが大分高くなりました。そして、新しい子供達の芽が追加で3つ出ました。これで全部でベイビーは4つとなりました。しかしベイビーの時期はすぐにダメになってしまう恐れもあるのでまだまだ心配です。

7/2

本日画像が届きました。今回の画像は収穫した種を再度植えている画像です。まだ1つしか芽が出ていませんが、34個の種を植えてあります。徐々にこういう流れが数年数十年と続く事を期待しています。この種は早ければ2年から3年後にはまた収穫できるようになると思われます。とりあえず、1つの流れができた事にうれしく思います:)これも1つ成功ということで万歳♪

5/15

昨日現地の画像が送られてきました。下記の5枚の写真をご覧ください。

今回は残念な報告となります。

10数本の苗木の葉が枯れ始めました。

1週間程前から枯れ始めたようです。

今回枯れ始めているのはAゾーンの一部、Cゾーン全て。

この状況から考えると、

原因としては、まずやはりタイではこの時期が年間を通して一番熱い時期だから

だと思います。

日差しが強すぎる。水やりの量が不足。栄養不足。

その他に考えられるとすると地面の中に害虫が発生している。

以前にCゾーンの土地には他の木の根に害虫が大量発生していたので。

そして隣には牧場があり牛がかわれているエリアですので、

色々な事が予測できます。

改善点としては、やはり、この時期は日差しをよける。

みずやりの回数を増やすことでしょうか。。。

ですので、やはり最初から日陰に植える方がいいでしょうね。

今後、この子達が生き返ることを願っています。

現地ではマネージャーがSTAFFに厳しく注意していると思いますので、

私は笑顔でいたいと思います。

そして10粒の種を植えたようですが、まだ目はでていません。

早くこの土地で生まれる子達が見てみたいものです:)

 

今後も関係者様、協力者様の熱いサポートをよろしくお願い致します!

新たにご協力等頂ける方はお手数ですが

info@anabainternationalgroup.com

GONC/shingo matsumoto

までご連絡おまちしております!!

 

4/13 祝!初めての赤実!!!

4/12

現地から最新の画像が届きました!

多きい実では後は色が赤くなるだけとなりました。

その他にも小さい実が多数ついているようです。

土壌も落ち葉などが溜まりかなりいい感じに仕上がってきました。

今後はこの実から採れる種を再度植えて、発芽できると良いんですが、、、

今後が楽しみです:)

 

4月1日

途中経過報告

 

現地コラートより、バンコクを経由して連絡が入りました。

「ミラクルフルーツがたくさん花を咲かせました」と!これにより作付けは成功ということになります:)既に実をつけているようなので収穫が楽しみです。収穫後はドライフルーツへの作業がありますので、この作業時にまたタイに出張しに行きタイ!

3/13

作付け作業を終えての感想

 

まず色々な方の協力がありここまでこれたことに本当に感謝したい。

海外での開墾、栽培という果てしない挑戦に対して、

多くの協力者、手助けがあったことがまず一つの成功であり、

これからもその事を忘れずに、一歩一歩進んで行きたいと思います。

やはり、日本で農業離れが進んでいる理由、

そして家庭菜園が流行る理由は理にかなっていると思いました。

辛い、汚い、安賃金。

完全にやりたくない仕事の一つだと思いますw

しかし、今回私が選んだミラクルフルーツは日本での栽培が困難。

経費がかかりすぎるという理由からはこのタイでの栽培は適していると思います。

それと気候も適していると思いますので栽培を始めましたが、

採算が合うかどうかは数年〜数十年の長期で考えております。

やはり今後はテスト期間中に色々な事が難題となって訪れると思われますが、

今の時点で先の事を考えても、そこまで行けるかどうかもわからないので、

まず、無事に半年後、実をつけることを願うばかりです。

そして早く糖尿病で糖分を控えめにしている方などに提供できるように

努力したいと思います。しかし、そこまでいくにも色々な課題がありますので、

今後も勉強し精進したいと思います。

もしこれを見て共感頂けた方はメッセージ頂けると幸いです。

現在は試行錯誤での展開なので、色々な方のアドバイスや協力が必要です。

今後とも宜しくお願い致します:)

 

3/9

作付けした場所の囲い(柵)の作成。木や竹を切って穴を掘りそこに埋め、網ネットを巻き、釘で打ち付ける。もちろん現地調達。網ネットは購入しました。簡単な作業のように思えますが、言語の壁や、お互いの文化の違いなどで、意見がぶつかる事が多々ありましたが、結局タイスタイルに合わせる方向で極力現地になじむように妥協しました。

 

 

 

3/8

ミラクルフルーツの作付け作業。試験的な作付けなため、4箇所に分けての作付けになりました。実際の作付け面積は28,73㎡に50本です。本来予定していたのは100本でしたが、直射日光が当たらない土地ということで、手を加えなければ30本しかいけないのではという現地スタッフの意見を考慮し変更、そして実際現地を視察した結果50本いけるであろうと更に変更しました。今後は少しづつ、ミラクルフルーツの状態を見ながら規模を拡大できればと思います。

 

3/

一日を通して直射日光が当たらない場所を選び開墾作業。これが意外と常時日陰の場所がない。そして基本的に日光の当たらない場所は耕されていない為、

開墾作業が難しいです。

実際くわなどで掘って耕してみると土が硬いのでとても大変で、

当日から手が筋肉痛で力が入らずくわを握ることすらままならぬ状態です。

更に、30度を越える暑さに体力の限界を感じました。

毎日このような作業なら皆嫌になるのは間違いないでしょうねw

しかし、毎日やられてる方なら大した事ではないのではないでしょうか。

3/4 

本日こちらタイ産のミラクルフルーツを試食しワインを頂きましたが、ミラクルフルーツ自身は以前日本の花屋さんから購入したものと特に変わらぬ味でした。しかしこちらの方が一回りも大きい実でした。やはり収穫時の木のサイズによってできる実のを大きさが違うのでしょう。そしてワインはとても甘く、カクテルのように甘い感じだったので、お酒が嫌いな人は飲みやすいかもしれません。しかしお酒が好きな人にはお勧めできないかもしれません。そのぐらい甘くなってしまうということです。そして、ビールまでも甘くなってしまうようです。以前はレモンやグレープフルーツで試しましたが、レモンがグレープフルーツになり、グレープフルーツはみかん並に変わりました。今後も色々なものを試したいと思いますが、やはり糖尿病の方には必需品かもしれませんね。こうやって試す行為自身もとても胸がわくわくしますし、実際に甘くないものが甘くなる訳ですし、当分をとらなくても甘さを感じれるということは大変糖尿病には効果的かと思います。私は医者でも研究者でもありませんのであくまでも個人的見解ということで留めておいてください。

2012 3/2

日光がダメだということは知っていたが、いざ現実に育ててみると、どのくらいの量がダメなのかはっきりとわかった。やはりタイの日光は夕日でも強いので、枯れてしまう。やはり日光が万年当たらない場所が最適で室内での栽培に適しているとも言える。現に、病院内で水耕栽培されているので、タイでは観葉植物としてもいいのではないでしょうか?!但し、ジメジメした環境が好きなので、そこらへんの湿度調整が室内で育てるとなると、人間の生活とは合わないと思います。

 

約4ヶ月程で、それぞれの身長が5センチから10センチ程伸びた。

ミラクルの実自身は、何個か実を付けていたのだが、大きくはならなかった。やはり、最初なので環境の入れ替えなどで、安定した状態ではなかった事や、洪水による、現地管理者不在で水やりができないこともあったのでそれが原因だと思われる。 

2012年3月 タイのコラートにて50本の苗木を植える

 

2012年2月27ー3月18日 タイ出張 (定期視察)

 

2011年11月 帰国

 

2011年10月 試験的に栽培をスタート