0号創刊から9周年:)

本日クリスマスイブは最前線HIPHOP0号創刊から9周年です。

 

現在はこれといって活動が盛んではありませんので

 

ブログにて多少触れたいと思います。

 

紙面をやめて以来、saizensen hiphopの活動は極端に減りました。

 

しかし全くの零というわけではありません。

 

その為か、アーティストのリリース情報を教えてくださる

 

プロダクション、レーベル等関係者様、大変ありがたく思います。

 

この場を借りまして誠にありがとうございます。

 

今後も微力ではありますが陰ながらご協力できればと思っておりますので

 

宜しくお願い申し上げます。

 

そして紙面以前の読者様には現在物足りない内容となってしまっている

 

事を心からお詫び申し上げると共にご理解の程宜しくお願い致します。

 

現在はSNSの発達もあり、色々なHIPHOP情報源を目にする事ができます。

 

ですので最前線HIPHOP0号創刊時とは全く違う時代で

 

HIPHOPを日本に広めようというスローガンは

 

達成できているのではないかと思います。

 

しかし、それは良い意味でも悪い意味でも浅く広くのように思います。

 

今後の最前線の立ち位置とは何か?

 

常に模索してる一方で、今までと何も変わらない活動もあります。

 

私の周りにいる先輩、同期、後輩、色々なアーティストが

 

今も尚、活動を頑張っております。

 

そして未だに連絡を取り合う仲のアーティストも多数おりますので

 

そういったアーティストの力に少しでもなれればと思っております。

 

それはとても幅の狭い限定的な特集になるかと思いますが、

 

浅く広くから深く狭くへと方向転換と考えて頂ければ結構です。

 

簡単ではありますが10年目は一つの節目として意味ある年に

 

したいと思いますので今後とも宜しくお願い致します!